福岡県看護協会ブログ

医療安全研修/交流会を開催しました!!

投稿日:2020年02月27日

福岡県看護協会では、医療安全に係る情報等の交換・共有を図り、県のネットワーク構築を行い、医療安全担当者の連携を図る目的で医療安全研修/交流会を開催しました。

第1回目は、令和元年6月7日に社会医療法人財団白十字会 佐世保中央病院 医療安全管理部の朝倉加代子先生を講師に招き「地域で取り組む医療安全の推進」というテーマで講義を頂きました。講義終了後に講師より課題が出され、参加者其々が6か月間課題に取り組みました。その結果については、第2回目の令和2年1月18日に開催された交流会で発表し、参加者全員で共有する事ができました。

この研修は、各自が自施設の医療安全活動を推進するための課題を見つけ、多くの施設との情報交換を行う事でモチベーションの向上にも繋がり、活力ともなりました。

<下記の取り組みが発表されました。>
 医療安全兼任者からの実践活動報告
 適切な物品管理で行う医療安全の実施
 ネットワーク会議や交流会の中での情報共有
 新しいネットワークづくりについて
 加算取得を目指してゼロからのスタート
 院内ラウンドの方法やラウンド項目・チェック表の改善
 転倒転落予防方法の標準化を目指して行う多職種ラウンド
 医療安全対策地域連携相互評価を行うことで得られたこと
 地域連携相互ラウンドチェックリスト・身体抑制チェックリスト
 転倒転落チェックシートの改善取り組み

<アンケート結果>   回収数 44名/41名(回答率:93.2%)N=41



(参加したい理由)
 情報の交換や共有ができる。
 ネットワーク作りができる。
 活動の参考になる。
 他施設の現状と取り組みがわかる。
 とても役立つ。
(参加しない理由)
 医療安全のかかわりが浅すぎてついていけなかった。

(その他の意見・感想)
 グループワークが充実していたため有意義だった。
 他病院の取り組みが参考になった。
 ラウンドチェック表はとても参考になった。