福岡県看護協会ブログ

”ずっといきいき、助けあい、支えあい”古賀市健康福祉まつり開催!

投稿日:2019年10月9日

古賀市健康福祉まつりも今年で33回目。
サンコスモ古賀(古賀市庄205番地)で10月6日(日)に開催された当イベントに、今年も訪問看護ステーション「こが」として出展しました。

当イベントは、住民の方の健康・福祉・医療に対する理解を深めて、誰もがいきいきと健やかに暮らすことができるまちづくりをするために、健康・福祉を身近に体験できる場として行われています。

今年の訪問看護ステーション「こが」のブースでは、地域の“まちの保健室”として、健康相談をはじめ、訪問看護師やリハビリスタッフ等による訪問看護・居宅介護・リハビリについての説明やキッズ白衣体験を実施。

当日は朝から雨模様で“みなさん、来てくださるかな?”と少し心配もしましたが、オープニングセレモニーが始まるころにはわたしたちに太陽が味方してくれたようでばっちり雨もあがり、300名以上の方にお越しいただけました!

 

今年は小さいお子さまにも楽しんでいただけるように、看護師体験を企画。
白衣に着替えてはにかむ愛らしい笑顔、自分やおともだちの心音を聴診器で聞いてビックリ仰天!な表情に、わたしたちスタッフも癒されました。

また、ブースでは訪問看護、介護保険、看護協会についての簡単なクイズを行いました。
お答えくださった方へのお土産は、当協会のオリジナルグッズ!
毎年人気の“エコバッグ”に、今年の新作“携帯クリーナー”と“液晶レンズクリーナー(メガネ拭き)”。
ご活用いただけたらと思います♪

担当したスタッフからは、「今回、たくさんの子どもさんとのかかわりもできて、とっても和やかな雰囲気でのイベントでした。小さな子どもさんからご年配の方、障がいをお持ちの方など、さまざまな方とふれあうことができてとってもよかったです!」という声が多くあがりました。

お立ち寄りくださった皆さまの笑顔に、スタッフ一同大変元気をいただけたイベントとなりました。

訪問看護ステーション「こが」は、今後も地域の皆さまのお力になれるよう頑張ってまいりますので、ぜひご相談等お気軽にお声掛けいただけたらなと思っています。

(訪問看護ステーション「こが」)