福岡県看護協会ブログ

リスクマネジャースキルアップ研修「TeamSTEPPS」

投稿日:2019年02月21日

福岡県看護協会では、自施設の医療安全活動を推進するためのスキルの向上を目的とし、毎年、リスクマネジャースキルアップ研修を開催しております。
今回、昨年度に引き続き医療現場への活用に注目されている「TeamSTEPPS」研修を開催しました。
今年度は、87名が参加し「TeamSTEPPS」の目的、基本理念、導入方法、ノンテクニカルスキルなどをディスカッションやゲームで楽しみながら学ぶことができ、受講生にとって充実した一日となりました。

2019年1月19日(土)リスクマネージャースキルアップ研修

テーマ 「TeamSTEPPS」~心理的安全性をめざして~
講 師 近畿大学医学部付属病院 病院長補佐 血液・膠原病内科教授 安全管理部教授
     医療安全対策室室長 辰巳 陽一 氏


関西弁で軽快なトーク!楽しい講義でした。

医療事故の要因は半数以上が非医療技術によって発生しているといわれ、単純なヒューマンスキルによって事故が発生している場合が多いといわれています。
「TeamSTEPPS」は高度な医療技術ではありません。
医療の質と患者安全を向上させるための包括的なチームワークのトレーニングシステムです。
例として、SBAR、CUS、チェックバック、コールアウト、チャレンジルール、ハンドオフなどがあります。
「TeamSTEPPS 」の活用は、チームとして学び実践していくべきものであり、質の高い医療や安全な医療を行っていくための必須のツールと言えます。

≪受講生の背景≫

看護職100%
年齢は40歳代が最も多く48.8% 次いで50歳代26.7%
施設規模は100床~200床未満が最も多く40.7%

≪研修内容≫

【1】医療の質と安全、テクニカルスキル、ノンテクニカルスキル 、TeamSTEPPS
【2】TeamSTEPPS
  1)チーム体制(患者ケアチーム&患者中心の医療の医療)
  2)リーダーシップ&フォローアーシップ
  3)状況モニター(2種類の状況モニター、Illusion、心理的安全性)
  4)相互支援
  5)コミュニケーション
   *1)~5)は演習もあり

≪研修風景≫


コーチング/フィードバック演習


目隠しゲーム


チームの鎖


会場の様子

~研修後アンケートの結果~

チームステップの大切さを学んだ。
SBARが形だけになっている現状あったが、有効に使えるようスッタフへ説明できそうだ。
病棟運営、スタッフ育成に役立つと感じた。
チームの中に患者さんが存在していることが重要で、チーム医療をこれまでと違う視点で仕事に活かすことができそうだ。
より良い組織作りにはリーダーやリーダーシップを明確にし、コミュニケーションが重要なことを再確認した。雰囲気作りも重要で結果有効な情報交換ができ、適切な対応が可能になると感じた。
ブリーフィング、ハドル、デブリーフィングを取り入れてみようと思う。