福岡県看護協会ブログ

第12回リスクマネジャースキルアップ研修「医療安全のためのノンテクニカルスキル~安心して働ける職場づくり、人づくり~」

投稿日:2017年02月25日

2月4日(土)、東京海上日動メディカルサービス(株)メディカルリスクマネジメント室の山内桂子先生をお招きし、『医療安全のためのノンテクニカルスキル~安心して働ける職場づくり、人づくり~』をテーマにご講演いただき、98名の方に参加いただきました。
安全確保のためには専門知識・技術などのテクニカルスキルを習得することは言うまでもありませんが、ヒューマンエラーを避けるにはノンテクニカルスキルを持つことが重要であることを学びました。
午前中は、状況を適切に相手に伝えるためのツール“SBAR”についてのグループワークもあり、各自が持ち帰りすぐに活用できる資料も提供いただきました。

S…Situation(状況)
B…Background(背景)
A…Assessment(判断)
R…Recommendation(提案)

 

午後は、医療安全管理者の役割を担う42名の方に引き続き参加いただきました。
「言いたい事が言え、聞きたい事を聞ける職場風土づくり」のための具体的な行動についてグループで検討しました。
模造紙にまとめた検討内容は、ワールドカフェ形式でも意見交換し多くの提案をいただけ、自施設・自部署での今後の活動に役立つものとして共有することができました。

アンケート結果の報告 (回収率:88.8%)
内容の理解 大変よく理解できた:43.7% 理解できた:56.3%
内容の活用 とても役に立つ:52.9%   役に立つ:47.1%

今回学んだ医療安全のノンテクニカルスキルのツールである、SBAR、Tow‐Challenge Rule、CUS などを現場で活用いただき、これを機会に医療安全を推進するための協力者・理解者の輪が広がることを期待しています。
リスクマネジャーの交流のある研修は今回で12回目となりました。
毎年、時代にあった研修を目指して企画しておりますので、今後の研修計画を参考にスキルアップ・知識のリフレッシュのために是非ご参加ください。

(医療安全推進委員会)