会長あいさつ

会長あいさつ

花岡 夏子

公益社団法人福岡県看護協会
会長 花岡 夏子

福岡県看護協会ウェブサイトへようこそ!

公益社団法人福岡県看護協会は、研修施設も兼ねた「ナースプラザ福岡」として福岡市東区へ新築移転し10年が経過しました。平成28年度の会員数は40,000人を超え、多くの会員の皆さまにご利用いただいています。建物はナースキャップをイメージしてデザインしており、初めて来られる方には「看護職らしい建物」と感想の言葉をいただいています。近隣には、宇佐神宮、石清水八幡宮とともに日本三大八幡宮に数えられる筥崎宮があり、新春の玉せせりや秋を告げる放生会等の四季折々の祭事で賑わいます。

福岡県看護協会では将来ビジョンを「看護の質の向上を図り、看護職が働き続けられる環境をつくり、県民のすこやかな生活の実現に寄与する」と掲げ、当協会が行うべき事業について計画・実施・評価を行い実践しています。

現在、当協会で特に力を入れている4つの事業についてご紹介いたします。

第一点目は、ナースセンター事業の充実強化です。ナースセンター本所機能の強化と、県内4地区にナースセンターサテライトを開設し1年が経過しました。活動の拡大により、相談件数等前年の数倍の成果を出しております。今後も職員一丸となって看護職確保対策の一助として取り組みます。

第二点目は、協会立の訪問看護ステーション「くるめ」に看護小規模多機能型居宅介護“すぴか☆くるめ”を開設し1年が経過しました。利用者も増え、目標値に近づいています。超高齢社会の中で地域の皆様のニーズに応え、利用者側に立った訪問看護ステーションを目指しています。

第三点目は、「看護の日のつどい」です。「看護の心」普及啓発事業として、県民の皆さまに看護の魅力や協会活動を知っていただき、また、健康について考える機会となるよう、毎年イベントを開催しています。今年はJR博多シティにぎわい交流空間での開催を予定しており、楽しいイベントになるように取り組んでいきます。

第四点目は、会員サービスの充実・向上です。平成28年10月から新会員情報管理体制「ナースシップ」をスタートし、会員証のリニューアルや会員専用マイページ「キャリナース」を開設しました。継続して入会いただける仕組みになり、会員の皆さまのキャリア形成に役立てていただけるよう努めてまいります。

今、日本の保健・医療・福祉を巡る環境は目まぐるしく変化しています。当看護協会では正確な情報を迅速に会員の皆さまへ伝達するとともに、会員の皆さまからも多くのご意見を頂き、日本看護協会とも連携して、対応していきたいと思っています。私たち看護職は常に県民の皆さまの安心・安全・安楽を担保し続けるケアの提供者であると思っています。

  • キャリナース
  • ナースシップ 施設用WEB
  • 教育研修計画
  • 看護の日のつどい
  • とどけるん
  • eナースセンター

広報誌「よかナースふくおか」

協会の活動を知っていただくために、広報誌を年4回発行しています。

  • ブログ
  • 訪問看護ステーション「くるめ・こが」
  • 看護小規模多機能型居宅介護すぴか★くるめ
  • 福岡地域医療支援サイト
  • にんしんSOSふくおか
  • 子育て相談
  • 思春期相談